「鞄(かばん)」という文字にまつわる話

こんにちは。
ゴールデンウィークがそこまで来ていますが、お出掛けの予定はありますか。
服装や持っていく鞄のコーディネートに悩まれている方もおられるのではないでしょうか。
 
今回は、息抜きに読んでもらえるような、「鞄」そのものにまつわる話のネタをまとめてみました。
 
トートバッグやボストンバッグなど、鞄の話をこれまでにいくつかしてきましたが、そもそも「鞄(かばん)の定義」があることはご存知ですか。
日本かばん協会にかばん(鞄)の定義が記載されています。
 
かばんの定義
身の回り品の保護または、運搬を目的とした容器のうち主として、素材を問わず、携帯用に供する容器として用いるもの(ハンドバッグ、小物入れは除く)。
 
かばんと聞いてイメージする形と用途そのままだと思います。
 
また、「そりゃそうだろう!」と思われてしまうことですが、鞄の始まりはとても古いと考えられています。
大昔から単純に物を包んで運ぶのに利用していたものが鞄だと考えられるからです。
そのため、きっちりと発祥を特定することは難しいことです。
 
記録がしっかりと残っているものとなるとかなり近代に近い時期になってきます。
例えば、武将などが戦に用いる鎧を入れていた蓋付きの箱である鎧櫃(よろいびつ)、ツヅラフジのつるを編んで作った、衣服などを入れる蓋ふた付きのかごである葛篭(つづら)、その他、薬籠(薬入れ)、台箱(床屋の堤手付き道具入れ)、振分けもの入れ(柳、竹、紙製)などの箱のような荷物を入れられ運ぶこともできるものが鞄と認識されていったようです。
 
その後、持ちやすくするために持ち手や背負うための紐が付いていきました。
例えば、時代劇に出てくるような薬売りの業者を思い浮かべてください。
引き出しがいくつもある大きな木箱を背負っていると思います。
これもれっきとした鞄と分類されています。
 
あるいは、農家の方が収穫時に背負っている籠。
あれも鞄の一種になります。
本当に多岐にわたっています。
 
時代が進むにつれ、素材に多様性が増え、素材に機能性が加わっていくことで鞄のバリエーションは大幅に増えていきました。
さらに、ファッション性が付加され、現在のようなとても大きく複雑な鞄というカテゴリーができあがっていきました。
 
では、「鞄(かばん)」という名称についてはどうでしょうか。
鞄(かばん)の名称の由来は諸説あります。
オランダ語のカバス。
中国語の挟板のキャハン。
その他、堤嚢(ていのう)、革盤、革包など、色々な名称が由来とされていますが、革包が転化して鞄(かばん)になったという説は個人的に理解しやすい気もします。
 
ところで、漢字の「鞄」の意味を辞書で調べたことはありますか?
実際に調べてみると(参照:OK辞典)、意外な意味があることを知りました。
①「かばん」
 
 ア:「ある事をするのに必要な物を入れて持ち歩く物。革や
    布などの素材で作られている。」
 
 イ:「(かばんに金を入れることから)選挙に必要な資金の呼び名」
 
②「なめし革。皮をなめす職人。」
 
②の意味は、「鞄」という文字を見てイメージするものと違う意味だと思います。
あまり知られていないのではないでしょうか。
 
そもそも、漢字の「鞄」は、本来は皮革職人のことを意味する漢字でした。
しかし、前述した通り明治の中ごろから、読んで字のごとく「革」で「包む」ものというところから、「かばん」に対する当て字として用いられるようになりました。
ちなみに、この字を「かばん」の意味で用いるのは、日本で生まれた用法です。
 
「鞄」という字は、”皮革職人が革を用いて作ったかばん”という意味を一文字で表しているともとれるのではないでしょうか。
artigianoにとってはうってつけな文字のような気がします。
 
artigianoでは、熟練の職人がこだわり抜いた素材を用いて、シンプルで飽きがこなくて使いやすいデザインの鞄を創り上げています。
用いている革は、牛革や馬革など創りたい製品に対して合う素材を探し出して使用しています。
言葉だけでは言い表せないものが詰まった鞄の数々です。
是非、一度、チェックしてみてください。
 
また、4月27日~5月1日まで浜松遠鉄百貨店で開催される日本革市(8F催事場)に出展します。
公式ホームページだけではもの足りない方で、お近くの方は是非、実物に触れに来てください。

artigiano 楽天ショップオープンしました!

少し暖かくなってきましたね。リーダー福江です。新しい事を始めるにはいい季節かもしれませんね。

楽天ショップオープンしました(^.^)  まだまだ、ページを作りこまなくてはダメですが頑張ります。

 

 

bagartigiano

http://www.rakuten.co.jp/bag-artigiano/index.html

ぜひ、お時間ありましたら覗いてみて下さい。

明日、4月27日より遠鉄百貨店にて日本革市です。

おはようございます! 福江です。

明日4月27日より遠鉄百貨店にて日本革市です。昨年に続き2回目の出店となります。
お近くの方は、ぜひお立ちよりください。

 

日本革市

http://www.kawa-ichi.jp/news/h29-entetsu/index.html

日本革市は、日本タンナーズ協会が主催する日本皮革のPR事業です!

 

トートバッグのあれこれ。

こんにちは。
スタッフのMです。
暖かい日差しの日が続いています。
太陽の日差しの中でのお出掛けには、トートバッグが似合うと思うのは私だけでしょうか。
ピクニックに行くにしてもお弁当を入れて、ゴザを入れて、水筒、おやつ・・・などなど。
トートバッグは沢山のものを気兼ねなく入れることができて便利ですよね。
 
そんなトートバッグの発祥はご存知ですか。
 
まずは、言葉の意味から。
「tote」トートは、アメリカの俗語で「運ぶ」「背負い」という意味。
「bag」バッグは、そのままバッグや鞄という意味。
「tote bag」は「運ぶ鞄」、「運ぶための鞄」となります。
 
そして、トートバッグの始めは、アメリカのL.L.Bean社が1940年代に開発した氷運搬用のバッグが発祥のようです(http://www.llbean.co.jp/shop/aboutllbean/100th-timeline-1940.aspx)。
1940年代は冷蔵庫がまだ普及していない時代でした。
そのため、食料は木箱に氷を入れて保存されており、その氷を家に運ぶためには強靭で保温性があるバッグが必要だったために考案されたのがトートバッグでした。
当時のトートバッグは、丈夫なカンバス地で作られていて、ジーンズの2倍の重さのあるものが採用されていました。
それにより、外気を遮断して氷が融けにくく、融けた水もこぼれにくいという特徴を持たせていました。
これが次第に野外で氷を使うアウトドア好きの人々にとって愛用品となりました。
 
その後、アメリカの大学生がファッションアイテムとして目をつけました。
大学への通学の日々の中で、大量の教科書やノートを持ち歩く彼らは、何でも自由に入れることのできる気軽で丈夫なトートバッグに注目しました。
彼らがトートバッグを通学用に使い始めると、話題になり、鞄の底にカラフルな色を用いて他の物と違いを出したり、カンバス地にカラフルな色を用いたりしてファッション性が出てきました。
そうこうしているうちに、東海岸地区の若者たちの間で大流行となりました。
 
日本も例外ではなく、1960年代にアメリカ東海岸の名門私立大学グループ「アイビー・リーグ」の学生の間で広まっていたファッションを、当時の日本の若者には洗練されたイメージとして捉えられ、アイビーブームが起こりました。
このアイビーブームの定番アイテムとして、トートバッグが人気でした。
 
現在では素材もキャンバス地はもちろん、帆布、デニム、レザーからナイロンまで種類が増えています。
また、デザインも洗練され、ファッション・アイテムの一つとして定着しています。
 
近年では、環境保護活動の一環で、レジ袋削減のためによく目にするようになった「マイバッグ」。
マイバッグもトートバッグが元になっています。
トートバッグのまちが深く、色々な物が入れられる特徴と薄手の生地でも丈夫なものが作ることができるようになり、折り畳んで携帯できることから利用されています。
 
一方、「ビジカジ(ビジネス・カジュアルの略)スタイル」やクールビズなどを取り入れる企業が年々、増加していくにつれてビジネスマンのスーツ以外のファッションコーディネートの組み合わせが多種多様になってきています。
 
そんな中、日本のビジネスマンは、大量の書類やプレゼンテーション資料、サンプル品を入れたパンパンのビジネスバッグを片手に歩きながら手帳を取り出し、もう片方の手で携帯電話で会話する……といった街中でよく見られる光景を思い浮かべることができると思います。
 
そんなビジネスマンから使いやすいバッグが欲しいという要望から「肩に掛けられて、開き口が広い」というというトートバッグの特徴を活かして、素材をキャンバスからレザーやナイロンに替えたビジネストートバッグが誕生しました。
 
artigianoでもジャケットスタイルなどのビジネス時にも合うようにすっきり清潔感のあるバックを作りたいと思い企画がスタート。
そして誕生したのが、akr-01hd(http://bag-artigiano.ocnk.net/product/76)。
カジュアル過ぎず、ビジネス時にも合い、オフタイムのプライベート時のカジュアルスタイルにも合うようにと創り上げました。
そして、artigianoならではと自負している、デニム、レザー、真鍮金具などの素材にもこだわっています。
 
発売後にご購入していただいたユーザーさんから、ショルダーとして使用する際のベルトに調整がついていないので、厚いアウターを着た場合や体型や荷物の量に合わせて長さを変えたいと言うお声を頂きました。
そこで、オプション対応になりますがご用意させて頂きました。
色違いで3種類(レッド・ホワイト、ネイビー・ホワイト、グレー・ホワイト)をご用意していますので、好みに合わせて選んで頂ければと思います。(http://bag-artigiano.ocnk.net/product/89
ご自分に合う、お気に入りのバッグを日常生活に取り入れてみてください。

artigiano x kuroki   akr-13cz 製品紹介 トートバック

artiginao x kuroki 製品紹介 UPしました。

akr-13cz \46000円   

 

スペック  

天然染職人の古今染屋が手掛けた天然手染め抜染加工   クロキ製 極厚刺し子ファブリック  

で作ったトートバックを洗い加工後、ペーパー加工にてハンドフィニッシュ!しました。

 

akr-13cz 

https://www.facebook.com/Made-in-japan-artigiano-x-kuroki-447730885320395/

akrシリーズ ヌメ革ハンドルメンテナンス

akrシリーズに使っている昭南皮革のベンズを使ったハンドル部分のメンテナンスです。

何年か使用しているとどうしてもハンドルの裏側に革がめくれてきたりしますね。
セーターに引っかかったり、見た目にもあまり綺麗ではありませんね。。。

さて、綺麗にメンテナンスしてみましょう!
革の裏側をきれいに処理する薬品(あとで案内しますね)を使って、均一に塗り込んでいきます。

10分程度乾燥させて、小さいアイロン(スチームはダメです。)を当てて行きます。仕上がり具合を見ながらですが出来るだけ
低温で当ててくださいね!(高温でやるとワレなどのトラブルになる場合があります。アイロンは当てなくても若干弱いですがガサガサは止まります。)

 

ではどんな感じになったでしょう?

つるつるにきれいになりましたね~。あまりメンテナンスをやりすぎると逆に汚れたりすることもあるので、
タイミングを見て適度なメンテナンスで長くお使いいただけます。artigianoは、自社ファクトリーなので
メンテナンスもお受けすることができます。(artigiano製品に限る。)

費用ですが1年以上使用で、500円+往復送料。1年未満ですと往復送料(使用状況により要相談)です。
出来るだけ安価にて対応させていただきます。即日対応できますので、事前にご連絡ください!

お気軽にメンテナンスもお申し付けください。

 

 

メンテナンスなのでお客様ご自身でも作業できます。クラフトショップや東急ハンズさんに
売ってあるトコノールという薬品を購入ください。その他にも類似商品あります。
出来れば、店頭で店員さんに聞いてご購入下さい。

 

トコノール 

https://www.amazon.co.jp/10cube-Leathermart-%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%84%A1%E8%89%B2-100%EF%BD%87/dp/B0080TQ7JQ

見えないところなどで、少しおためし頂いてからご使用ください。