山の日ですが、日本一低い山の頂上を見つけたことはありますか?

8月11日は、山の日ですね。
山の日は、2014年(平成26年)に制定され、2016年(平成28年)から日本の国民の祝日となりました。
祝日法では、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨としていますが、山に関する特別な出来事などの明確な由来があるわけではないらしいです。
まぁ、お盆に近く、休みが増えて喜んでいる人も多いのではないでしょうか。
 
山の日にちなんで、山にお出かけの方もいると思います。
どこの山に行かれますか?
世界遺産になった富士山?八ヶ岳?霧ヶ峰?
日本には、景色が綺麗な山が多く、登山者のレベルに合わせた選択の幅も広く、選ぶ楽しみもあります。
 
ところで、関西の方で予定が決まっていない方は、ぶらりと天保山はどうでしょう?
大阪の天保山の話題ではベタ過ぎる話かもしれませんが、言わずと知れた日本一低い山です。
海遊館のすぐ近くにあります。
標高は、なんと4.53 mです。
ちょっとした坂道を登るくらいの高さです。
登山は苦もなくできるレベルの山です。
しかし、この天保山を登った時に難しいのは、山頂を見つけること。
 
山の入口は、天保山公園入口です。
そこの階段を登ると公園が広がっているのですが、その公園内には山頂が無いんです。
一応、十数段の階段を登ったのに山頂はありません!
 
その先に、また階段があり、登った先には展望台があります。
しかし、そこも山頂ではありません!!
 
展望台のさらに奥にある階段を降りると山頂ひろばがあるのですが、
そこのどこかに山頂の目印である三角点があります。
天保山公園入口から数分の登山時間です。
のんびりと穏やかな気持ちで登り、散策して三角点を探してみてください。
すぐに見つかると思います。
但し、三角点と言いながら見た目は四角なのであしからず。
 
天保山には、山頂に辿り着けず、遭難してしまう人もいるそうです。
しかし、心配はいりません。
天保山にも山岳救助隊がおられるそうです。
天保山山岳会(https://www.facebook.com/天保山山岳会-180280942352101/)という「いちびり精神」満載の団体で、そこの方々が山岳救助隊もされています。
有料ですが、登山証明書も発行してくれるそうです。
 
こんな楽に、笑いながら楽しめる天保山への登山に向いているカバンは何でしょう?
近くには、海遊館があり、大阪の有名店が軒を連ねる「なにわ食いしんぼ横丁」やレゴランドがある天保山マーケットプレースもあります。
さらには、美術館まであります。
デートにもファミリーでのお出掛けにも使え、一日、遊べるスポットです。
 
デートなら、可愛らしい雰囲気のポシェット(https://www.creema.jp/item/3603300/detail)でしょうか。
 
 
ファミリーでお出掛けのお母さんは荷物が多く入るショルダーバッグ(https://www.creema.jp/item/3997896/detail)。
 
お父さんが荷物持ちになるならデニムのトートバッグ(https://www.creema.jp/item/4154984/detail)なんかも良いのではないでしょうか。
 
そんな生活シーンに溶け込むような様々なカバンをartigianoは作っています。
日常生活の中にあるお仕事や休日のゆったりした時間などに、「これを持って出掛けたい!」と思えるレザーアイテムを素材の風合いを生かした「シンプルで飽きのこない」をテーマに発信しています。
ファクトリーブランドの強みとしてメンテナンス情報やリペアにも特化して安心して長くお使いいただけるよう心掛けています(http://bag-artigiano.com/care.html)。
 
 
一度、ご自身の生活シーンを思い浮かべながらshop(https://www.creema.jp/c/bag-artigiano/item/onsale)を覗いて頂ければ、artigianoのレザーアイテムの数々との良い出会いがあるかもしれませんよ。