akrシリーズ ヌメ革ハンドルメンテナンス

akrシリーズに使っている昭南皮革のベンズを使ったハンドル部分のメンテナンスです。

何年か使用しているとどうしてもハンドルの裏側に革がめくれてきたりしますね。
セーターに引っかかったり、見た目にもあまり綺麗ではありませんね。。。

さて、綺麗にメンテナンスしてみましょう!
革の裏側をきれいに処理する薬品(あとで案内しますね)を使って、均一に塗り込んでいきます。

10分程度乾燥させて、小さいアイロン(スチームはダメです。)を当てて行きます。仕上がり具合を見ながらですが出来るだけ
低温で当ててくださいね!(高温でやるとワレなどのトラブルになる場合があります。アイロンは当てなくても若干弱いですがガサガサは止まります。)

 

ではどんな感じになったでしょう?

つるつるにきれいになりましたね~。あまりメンテナンスをやりすぎると逆に汚れたりすることもあるので、
タイミングを見て適度なメンテナンスで長くお使いいただけます。artigianoは、自社ファクトリーなので
メンテナンスもお受けすることができます。(artigiano製品に限る。)

費用ですが1年以上使用で、500円+往復送料。1年未満ですと往復送料(使用状況により要相談)です。
出来るだけ安価にて対応させていただきます。即日対応できますので、事前にご連絡ください!

お気軽にメンテナンスもお申し付けください。

 

 

メンテナンスなのでお客様ご自身でも作業できます。クラフトショップや東急ハンズさんに
売ってあるトコノールという薬品を購入ください。その他にも類似商品あります。
出来れば、店頭で店員さんに聞いてご購入下さい。

 

トコノール 

https://www.amazon.co.jp/10cube-Leathermart-%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%84%A1%E8%89%B2-100%EF%BD%87/dp/B0080TQ7JQ

見えないところなどで、少しおためし頂いてからご使用ください。